• スパイス料理研究家 石﨑和生

2022年4月18日 11:00~13:30

〒939-8214 富山市黒崎405-6

日本海ガス ショールームPrego 2Fクッキングスタジオ


【料理予定】

ベルギーを季節野菜とスパイスで創作します。

【持参する物】

エプロン、筆記用具、持ち帰り容器

【参加費】

2000円

【お申し込み方法】

090‐5687‐2783にショートメッセージで氏名と参加人数を送信してください。

定員20名で承ります。

【お問い合わせ】

090‐5687‐2783(石﨑)にお電話ください。





閲覧数:144回0件のコメント
  • スパイス料理研究家 石﨑和生

1月の地場もん屋のオープンクッキング教室で調理したタイ風のBBQチキンです。

炭火で焼けば最高の逸品です。

【材料】

・鶏もも肉:2枚〈厚い部分を開きスジ切りします〉

・牛乳:1/2カップ

・濃口醤油:小匙2

・ナンプラー:大匙1

・オイスターソース:大匙1

・おろしニンニク:小匙1

・ブラックペッパー:小匙1/2

・紹興酒:小匙2

【作り方】

材料の全てをビニール袋に入れて馴染ませ30分~2時間程置きます。

【焼き方】

◎BBQで炭火の場合・・炭が完全に焼け、炭回りが白く落ち着いてから皮目を下に焼きます。

◎フライパンの場合・・油を少量入れ皮目を下に、中火弱で蓋をしないで焼きます。

◎オーブンの場合・・200度で皮目を上にして20分を目安に焼きます。

 

message:

 濃口醤油を使うことで子供にも対抗無く、美味しく食べられます。また、牛乳は鶏特有の匂いを和らげ、美味しくします。タイ風の特徴とも言えます。紹興酒をウイスキーやウオッカに変えても良いです。

 付け合せのサラダは、ルッコラとミント、トマトを合わせました。少しイタリアンな感じですが…。山あいの春なら野セリで食べると最高だと思います。

 写真には有りませんがスィートチリソースがベストマッチです。


閲覧数:451回0件のコメント
  • スパイス料理研究家 石﨑和生

更新日:2021年8月20日

イタリアン料理で知られるカルパッチョの多くは、牛ヒレ肉(フレッシュ)の薄切りにニンニク、オリーブ油、チーズ、トリュフで作られるが、日本発祥の魚介カルパッチョ!簡単に作れて、とても美味しい。

【材料】

・お刺身用ヒラメ柵取り:適宜〈薄くスライスにします〉

・パプリカ:適宜〈薄くスライスにします〉

・大葉:適宜〈千切りにします〉

・レモン果汁:適宜

・エクストラバージンオリーブ油:適宜

・おろしニンニク:適宜

スパイスソルト地中海:適宜

【作り方】

1)ボールにパプリカスライスを入れて、軽くスパイスソルト地中海を振りしばらく置いて(15分程)しんなりさせます。

2)スライスしたヒラメを皿に並べ軽くスパイスソルト地中海を振ります。

3)1)にレモン果汁とおろしニンニク少々を加えマリネします。

4)ヒラメの皿にパプリカマリネを置き、マリネ液があれば適量ヒラメに回しかけます。

5)全体にオリーブ油を適量分回しかけ、大葉の千切りをトッピングします。

 

message:

材料の分量がほとんど適宜なので難しい感じがするかも知れませんが、調味料が「スパイスソルト地中海」だけなので、塩味の料理感覚で作れば意外と簡単です。材料の魚介については、マグロ、サーモン、エビ、イカ、ホタテ他いろいろ出来ますが、食材に合わせた調味もあるので改めて紹介していきます。ヒラメは癖のないサッパリした味なのでシンプルが一番!

閲覧数:219回0件のコメント